RESORaC RPAサポート

TOP > RESORaC RPAサポート > RPAツール「EzAvater 」

RPAツール「EzAvater 」

RPAツール「EzAvater 」

EzAvater PCの定型業務を自動化するロボット

”誰でも”カンタンにロボットを作成可能。自社で運用できます。

”抜群の安定稼働”。精度の高い画像認識力ときめ細かい時間設定。

”幅広い操作に対応”。アプリケーションを問わずに自動化が可能。


http://www.terilogy.com/product/ezavater/index.html

EzAvate(イージーアバター)は、株式会社テリロジー社が開発したロボットシナリオ設定が究極的にカンタンな国産RPAソフトウェアです。RPAを自社で運用したい各部門の現場担当者向け製品です。

■製品詳細

誰もがカンタンに使いこなせるRPAツール


EzAvater(イージー・アバター)は究極的に”カンタン”にロボット作成を実現するために開発された国産RPAツールです。業務担当者が簡単に定型業務自動化ロボットを作成し、自社で運用していきたいという企業のために開発しました。

ロボット作成の内製化により、コスト削減が可能となります。また、業務担当者がロボットを作成できるため、IT部門に業務内容を伝えてロボットを作ってもらう時間が無くなるため、運用開始までの時間も大幅に短縮できます。これが、”誰もが使いこなせるRPAツール”の最大のメリットです。


EzAvaterのロボット作成の基本は以下の3つのステップです。
3つのステップを繰り返すだけでロボットが完成!!
たとえば

Step 1.究極的に簡単メニューからダブルクリックを選択
Step 2.ダブルクリックするアイコンをデスクトップ上で囲む
Step 3.一行のみ自動化シナリオを実行する

という操作を繰り返すことで、ロボットが作成できます。画像認識技術を採用しているため、「ダブルクリック」などの操作内容と「アイコン」の画像の組み合わせだけで簡単にロボットを作成できます。
 

■EzAvaterの4つの特徴

【 1.究極的に簡単 】

Step2の操作対象をデスクトップ上で指定すると以下のように自動的に操作内容と画像の組み合せが追加されます。操作内容・操作対象(画像)が一つの行に登録されるため、操作を把握しやすく、ロボット操作内容の修正も非常にカンタンです。
 

【 2. 止まらない 】

多くのRPAツールでは、操作と操作の間にインターバルという待ち時間を設定する必要があります。
この仕組みの場合、システムの動作が急に遅くなるとロボットがエラー停止しやすいという課題があります。
EzAvaterは「画像が表示されたら次の操作を実行」するため、操作対象のシステムの動作スピードに合わせてロボットが動きます。これにより、インターバルが足りずに停止することがないため、止まりづらいRPAツールを実現しています。
 

【 3.アプリを問わない 】

画像認識技術を採用することで、Windowsパソコンのデスクトップに表示されているものは全て操作可能となりました。ブラウザやExcelはもちろん、コマンドプロンプトや独自開発したアプリケーションも自動操作可能です。Windowsの設定を変更することも可能です。
 

【 4.スモールスタート可能 】

EzAvaterのソフトウェアの他には、Windowsパソコンをご用意頂くだけでご利用可能ですので、比較的安価に導入可能です。
 
 

■価格表

●シナリオ作成や導入支援、トレーニングなどオプションメニューについては別途費用が掛かります。
 ご契約期間は1年単位での契約となります。
●標準の定着化サポートはメールと電話によるサポートとなります。
 個別のサポートメニューが必要な場合はカスタマイズメニューをご用意致します。
●別途レゾナゲートの人材派遣サービスをご利用になる場合には別途費用が発生致します。
●フル機能ロボットで作成したロボットシナリオは、他のPCで「実行用ロボット」のみで動作することができます。 (実行用ロボ 1台17,000円/月額)

■導入効果

EzAvaterの得意とする自動化領域

EzAvaterを導入することで、ルーチンワークを人間の何倍もの速さで処理できることができ、また、入力ミスがなく、24時間不平不満を言わずに働き続けるオペレーションを組むことが可能になります。

同じ操作を繰り返す業務を自動化することができるため、その適応範囲は幅広く、人手不足解消、生産性の向上、残業時間の減少など費用対効果が期待されます。

 

■EzAvater製品比較

EzAvaterと他社製品を比較した場合、EzAvaterが有利な要素は下記の通りです。
●ロボット作成が簡単であること
●自動化可能なアプリケーション数が多いこと
●スモールスタートが可能であること
●ライセンス価格が安いこと

一方、不利な要素としては、バックグラウンドで自動化処理をするサーバ型と比較すると処理速度が劣る点が挙げられます。
また、クライアントPCで動作するタイプのRPAツールであるため、ロボットを増設する際に、Windowsパソコンの増設が必要となります。

2週間の無料トライアルも可能ですので、是非とも操作感をお試しください。

お問い合わせ

 

RESORaC 

RPAお問い合わせ

 

[TEL]03-6868-7360   担当:田尻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加